安全規格実験室

APD グループは最も専門的で高効率かつ競争力のある認証サービスを提供するために、業界最先端の「安全規格実験室」および「電磁両立性(EMC)実験室」を設置しました。 APD グループでは製品の安全性・EMC・エネルギー効率基準の研究・認証試験に取り組み、その試験基準は業界最新基準である IEC / EN / UL 62368およびIEC / EN / UL60950-1、IEC / EN / UL60065に準拠しています。試験の実施範囲は IT 機器から AV 機器にわたっています。

APD グループの安全規格実験室は世界の主要認証機関のプロフェッショナル認定要件をクリアしています。

APD SAFETY AND CERTIFICATION LAB

安全規格実験室

APD グループの「安全規格実験室」

先進的な検査機器と設備を備えた APD グループの「安全規格実験室」は、プロフェッショナルな安全規格研究チームを有しています。チームメンバーは全員、パワーエレクトロニクス分野の学士号以上の学歴保持者であることに加え、少なくとも 5 年以上の安全規格認証実験室でのキャリアがあります。 当実験室は 2008年からドイツの TÜV-RH、アメリカの UR およびノルウェーのNEMKO などの認証機関によって相次いで「目撃実験室」の実験実施を認可されました。検査項目は IT 類、AV 類製品まで含まれています。

実験室はその後も進歩を遂げ続けており、既に ISO 17025 の認証を取得したほか、更に 2014 年にはULと NEMKO の審査を通過して「CTDPデータ交換ラボ」へ昇格し、CB、UL などの国際認証が迅速かつ効率的に取得できるようになりました。

APD グループの「電磁両立性(EMC)実験室」

私たちの「電磁両立性(EMC)実験室」は先進的な試験装置を備えており、製品の EMI および EMS 試験の両方をカバーすることが可能です。 EMI 試験用には「743 半無響室」と「伝導性試験室」を有し、EMS 試験用には、ESD・EFT・サージ・DIP・AC ラインノイズ・高調波・フリッカー等のテストサイトがあります。製品開発と検証および認証のために業界をリードする電磁両立性(EMC)のテストとサービスを提供しています。

© 2020 Copyright - Asian Power Devices Inc.