• 製品製造と信頼性試験

製品製造と信頼性試験

信頼性試験は製品設計の段階から製品の特性と機能に沿って、研究開発部門と協力して実施しています。FMEA(Failure mode and effects analysis, 故障の影響解析)を運用しながら試験計画を策定し、製品機能やユーザーの操作方法、輸送・保管環境などを想定した各種の模擬試験を行います。また、これらに製造プロセス部門の故障分析力も加え、スピーディに設計変更をし,生産時の品質信頼性を向上させています。

量産後には、定期的に継続的信頼性テスト(On-going Reliability Test, ORT)を実施し、生産時と出荷時における品質の安定性を確保しています。そして市場からのフィードバックをもとに、有効な課題解決方法とシミュレーションによる製品のリスク発生確率を分析し、信頼性のモデルパラメータの修正を行います。

APDグループは台湾と中国の深センの2か所に品質の信頼性を測定する実験室を設置することにより、柔軟にリソースを活用し合う相互支援体制をとっています。

© 2019 Copyright - Asian Power Devices Inc.